幸せをのこす遺言相談室
遺言に関するお困りごとを解決いたします。

遺産分割協議後に新たに遺産が見つかった場合には?

遺産分割協議を行った後に、分割協議時に判明していなかった遺産が出てくる場合もあります。この場合直接の規定はありませんが、既に行った遺産分割協議は原則として有効になります。 最初の遺産分割協議が有効であるなら相続人はその内・・・

夫婦が一緒に1通の遺言書で遺言しても有効でしょうか?

民法975条は、「遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない」としており、共同遺言を禁止しています。 共同遺言の場合、遺言作成にあたり、遺言者がお互いに遠慮するなどして遺言内容についての各遺言者の自由が完全に保・・・

相続財産に含まれないものとは?

相続財産には、被相続人の財産に属した一切の権利義務、土地・建物などの不動産、自動車、現金、預貯金、有価証券などの「プラスの財産」だけなく、借金、負債、さらには損害賠償責任などの「マイナスの財産」も含まれます。 今回はその・・・

遺産分割の方法

まず1つ目は現物分割という方法になります。 これは財産をそれぞれ一つずつ誰が取得するのかを決めていく方法になります。遺産分割で一般的に行われる分割方法はこの現物分割といえます。例えば、相続財産の土地・建物はAが相続して、・・・

遺言書の発見と検認

今回のキーワードは遺言書の発見と検認 まず、被相続人(亡くなられた方)の自筆の遺言書を発見したら、自分だけが隠し持っていたりするようなことはせず、他の相続人にも見つかったことは伝えておくことが必要です。そして大切なのは、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ