相続欠格って何のこと?

相続欠格とは、相続人の中に下記①~⑤のいずれかに該当する行為を行った者がいる場合には、その相続人は当然に相続する権利を失うことを指します。

①故意に被相続人(死亡した人)や先順位・同順位の相続人を殺し、または殺そうとして刑に処せられた者

②被相続人が殺されたことを知りながら、告発等をしなかった者

③遺言書を偽造・変造・破棄した者

④被相続人が遺言書を作成・撤回・取消し・変更することを詐欺や強迫によって妨げた者

⑤被相続人を強迫したり、詐欺により遺言書を作成・撤回・取消し・変更させた者

 

上記の相続欠格事由があった者は、相続する資格が当然に失われ、相続人ではなくなります。dame_woman

相続が開始した際に、相続欠格者は相続人ではないものとして、相続財産は他の相続人の間で相続されることになります。また受遺者としての権利も失うことになります。

ただし、相続欠格が生じる場合にも、相続欠格者に直系の卑属である子供がいる場合には、その子が相続欠格者に代わって代襲相続することができます。

ちはみに相続欠格とされる場合でも、その欠格事由が特定の被相続人との関係においてのみ該当する場合にはその相続に関してのみ相続する権利を失うだけになります。他の被相続人の相続の際にまでは相続人としての資格が失われる訳ではありません。

遺言書作成のポイントメールマガジン

ひょうご行政書士法人スタッフ
サブコンテンツ

このページの先頭へ