遺言書とは?

遺言書とは自己の財産に関しての意思表示を書面に遺して、遺言者が亡くなった後にその内容の実現を保障するという制度です。遺言書と聞くと死期が迫ってからでないと作成できないと思われるかもしれませんがそんなことはありません。

遺言書は遺言者が亡くなった後に効力が生じます。ここで問題になるのが、遺言書が効力を発揮する頃には、遺言者は既に亡くなっていますので、相続人の間で「遺言書が偽造されている」とか、「遺言書の内容が不明確だ」などと争いが生じても、遺言者の真意を確かめることができないということです。そのため、民法では、できるだけ遺言者の意思を明確にして、紛争を予防するため遺言書を作成する際に従うべき方式を厳格に定めています。そして、この方式に従って作成されていない遺言書は無効とされてしまいます。

これから遺言書を作成しようとするならば、遺言の種類とその作成方法が民法でどのように定められているかをあらかじめ確認しておかなければなりません。

遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言などの種類があり、それぞれについて民法で方式が定められています。特に自筆証書遺言は、費用もかからず簡単に作成できます。しかし、全文を自ら手書きしなければならず、日付も明確にしなければなりません。訂正等の方法も厳格に決められています。遺言書を作成する場合には、どの種類の遺言書を作成するのがいいのか、作成の方式などについては専門の法律家にご相談されることをお勧めします。isyo

遺言書作成のポイントメールマガジン

ひょうご行政書士法人スタッフ
サブコンテンツ

このページの先頭へ