遺留分とは?

遺留分とは、一定の法定相続人が最低限相続することができる割合のことをいいます。遺言書を作成すれば、法定相続人以外のものに全財産を遺贈することも可能です。しかし、その結果、本来は相続できるはずの人が、全く財産を分けてもらえないという事態が発生する場合があります。

そこで、民法では、一定の相続人が最低限相続できる割合を定めて保障しています。遺留分は、被相続人の配偶者、子、直系尊属、子の代襲相続人に認められています。兄弟姉妹には遺留分は認められていません。またその割合については、相続人が誰になるかによって異なります。直系尊属のみが相続人の場合は相続財産の3分の1、その他のときは相続財産の2分の1と定められています。具体的にはこれらの割合に各相続人の相続分を乗じたものが遺留分となります。

例えば、相続人が配偶者と子供3人となるケースにおいては、 2分の1(遺留分割合)×2分の1(相続分)=4分の1

子供1人あたりの遺留分は、2分の1(遺留分割合)×6分の1(相続分)=12分の1となります。

この遺留分を侵害する処分がなされた場合には侵害された相続人は、遺留分減殺請求権という権利を行使することによって、自身の遺留分を取り戻すことができます。具体的には相続の開始及び遺留分を侵害する遺贈や贈与があったことを知ったときから1年以内又は相続開始や遺留分の侵害を知らなかったとしても、相続開始時から10年を経過する前に、遺贈や贈与を受けた者を相手方として遺留分減殺請求の意思表示を行います。その上で相手方と協議をしても話合いがまとまらなければ、調停の申立てや訴訟が必要な場合もでてきます。roujin_ninchisyou_man

以上遺留分については遺言書作成時にしっかりと考慮しておかなければ後々争いの火種となる可能性がありますので遺言書の作成を考えられている方は専門家などに必ずご相談されることをお勧めします。

遺言書作成のポイントメールマガジン

ひょうご行政書士法人スタッフ
サブコンテンツ

このページの先頭へ