「2016年8月」の記事一覧

遺産分割の方法

まず1つ目は現物分割という方法になります。 これは財産をそれぞれ一つずつ誰が取得するのかを決めていく方法になります。遺産分割で一般的に行われる分割方法はこの現物分割といえます。例えば、相続財産の土地・建物はAが相続して、・・・

遺言書の発見と検認

今回のキーワードは遺言書の発見と検認 まず、被相続人(亡くなられた方)の自筆の遺言書を発見したら、自分だけが隠し持っていたりするようなことはせず、他の相続人にも見つかったことは伝えておくことが必要です。そして大切なのは、・・・

遺言執行者とはどういった人?

遺言執行者とは遺言者が亡くなり、遺言書の効力が生じたときに、遺言書の内容を実現するために、権利の移転やそれに伴う事務などの相続に必要な手続きを行う人のことを言います。遺言の執行自体は相続人自身が行うこともでき、必ず遺言執・・・

同時死亡の推定とは

一般的には、ある人の死亡が開始する時期とその人の相続人となるべき人の死亡時期とには時間的に差異がありますが 、事故などによって死亡した場合などはそれぞれの死亡の前後が分からない場合があります。 たとえば、家族で旅行中、飛・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ