「2016年7月」の記事一覧

認知症と遺言能力

近年認知症患者は急激に増加してきています。それに従って、遺言作成時に本人が認知症だったのではないかという理由で遺言の効力を争う訴訟が提起される事例も増えてきています。 ではどのような時であれば有効な遺言といえるのでしょう・・・

複数の遺言書が発見されたときはどうすればいいのか?

遺言というのは、自分の財産の処分、死後における処分を生前に定めておくというものでとても重要な行為です。その時々、遺言書を作成した後に気持ちが変わっていくということで、遺言書を書き換えられるということはあり得ます。 その結・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ