「2015年11月」の記事一覧

特別受益とは何ですか?またどのように計算するのでしょうか。

特別受益とは、特定の相続人が、被相続人から婚姻、養子縁組のため、若しくは生計の資本として生前贈与や遺贈を受けているときの利益(特別受益)を相続人間の平等を図るため、清算する制度です。この金額を相続財産に持ち戻して計算する・・・

未成年者が相続人に含まれている場合にはどのような手続きが必要でしょうか?

相続人に年齢制限はないため何歳の子供でも相続人になる可能性はあります。 ただし、未成年者の法律行為は、原則として親権者の同意が必要となります。親権者は子の身上監護や財産管理を行います。子供が相続人に該当する場合、親権者は・・・

遺言書で財産を相続させるとした長男が先に死亡しました。このままの遺言書でも長男の子供たちで相続できますか?

結論から言うとできません。長男の子供が相続することを代襲相続と言います。単純に『長男にすべて相続させます。』とだけ書いていた場合は、その遺言書で相続することはできません。この場合は相続人全員での遺産分割協議が必要となりま・・・

法定相続分と遺留分の違いはなんですか?

法定相続分とは、被相続人が遺言書を残さず死亡した場合に、最大限主張できる権利です。 遺留分とは、遺言書があった場合に、最低限保証される権利のことです。ただし、この遺留分は法定相続人に全て平等に与えられている権利ではありま・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ