「2015年4月」の記事一覧

付言事項にはどんなことを書いたら良いでしょうか?

遺言書の本旨には、法的拘束力のある「遺言事項」の部分と、法的拘束力はないものの遺言内容についての補足説明等、形式にとらわれず自由に記載ができる「付言事項」という部分があります。 「誰に」「何を」「いくら(どんな割合で)」・・・

遺言書の保管方法には決まりはありますか?

遺言書の保管方法ですが、特に決まりはありません。公正証書遺言の場合は、原本は公証役場に保管されておりますので、正本と謄本をご自身で保管します。万が一手元の正本、謄本を紛失してしまった場合も、作成した公証役場へ出向いて再交・・・

不動産を売却させたくないのですが、遺言書で可能でしょうか?

不動産の売却は、単独でも共有でも、被相続人から名義を変更してしまえば、その全員の合意があれば売却可能となってしまいます。反対に、遺産分割協議が整わず、被相続人の名義のままでしたら、その不動産の売却はできません。 遺言書で・・・

遺言書で債務を継承する相続人を指定することはできるのでしょうか?

遺産はというのは、被相続人の死亡と同時に財産は相続人全員で共有の状態、債務においては相続人全員で連帯債務を負っている状態になります。よく、遺産分割協議で全く相続しない内容で同意することがありますが、実は、相続分が0だった・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ