「2015年1月」の記事一覧

不動産の相続を二代先まで決めておきたいのですが、遺言書で可能でしょうか?

例えば、子供のいない夫婦で、まずは全財産を妻に相続させたいが、妻が死亡したときには妻の兄弟姉妹や再婚相手ではなく、自分の兄弟姉妹に財産が引き継がれるようにしたい場合などです。 次の相続についてまで自分の遺言書で確実にして・・・

公正証書の料金はどのように決まっているのでしょうか?

公正証書遺言の手数料は、遺言書作成の当日に現金で公証人に支払うことになります。当日料金を忘れて、後日振込をした方もいらっしゃいましたが、大体は皆様現金を用意されます。 料金の算定方法ですが、全国どこの公証役場でも金額は変・・・

遺言書の文言で、気を付けるべき言葉はありますか?

自筆証書遺言の場合、法的要件を満たしていることは大前提ですが、気を付けるべき言葉については、他にも多くあります。 基本的に遺言書で財産を渡すためには、①「誰に」②「何を」③「いくら/何割」④「相続させる/遺贈する」という・・・

父が危篤状態に!意識はあるのですぐに遺言を作成したいのですが!?

遺言書には大きく2つの方式があります。普通方式の遺言と特別方式の遺言です。 通常、一般の方は、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3つから遺言をすることができ、これが普通方式の遺言と言います。しかし、死期が迫ってい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ