「2014年8月」の記事一覧

遺言書はありますが、遺言書とは違う分け方をしてもいいのでしょうか? 

遺産相続においては被相続人の意思である遺言書が最優先されますが、相続人全員の合意があれば、遺言書と違った分け方にしても構いません。もちろん、相続人以外の人に遺贈する内容の遺言書だった場合は、その受遺者(もらう人)が遺贈を・・・

公正証書遺言の方が効力は強いのでしょうか?

 公正証書遺言と自筆証書遺言で効力の強弱はありません。 全ては、①法的要件を満たしているかどうか、②遺言能力があったかどうか、③内容が明確(誰に、何を、どれだけ相続させる又は遺贈するのか)であるかどうか、④いつ作成された・・・

自筆の遺言書は必ず検認をしないといけないのですか?

  自筆証書遺言は、検認を受ける必要がありますが、検認を受けていないからといって無効になる訳ではありません。 実務上は、検認を受けていない自筆証書遺言は、その遺言書のみでは相続手続が進められないというだけです。銀行の解約・・・

遺言書を紛失してしまいました!もう一度同じ内容で作成すればいいですか?

自筆証書遺言の場合は、 紛失してしまうと、この世に1通しかありませんので、再度作り直すことになります。 公正証書遺言の場合は、 原本が作成した公証役場に保管されていますので、遺言をした方の手元にある正本、謄本が紛失した場・・・

遺言書には有効期限はありますか?10年前に遺言書を作成しています。

遺言書には有効期限は有りませんので、新たに遺言書を作成しない限り10年前のものでも有効です。 しかしながら、10年前の遺言書のまま放置しておいても良いのでしょうか。一度10年前の遺言書を読み返してみましょう。10年前には・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ