「自筆の遺言書」の記事一覧

遺言書の発見と検認

今回のキーワードは遺言書の発見と検認 まず、被相続人(亡くなられた方)の自筆の遺言書を発見したら、自分だけが隠し持っていたりするようなことはせず、他の相続人にも見つかったことは伝えておくことが必要です。そして大切なのは、・・・

自筆証書遺言は赤ボールペンで斜線を引けば効力はありますか?

自筆証書遺言においては効力の有効、無効を争う裁判が起こることも少なくはありません。 2015年11月20日に最高裁小法廷で、『赤いボールペンで文面全体に斜線を引く行為は遺言の効力を失わせる意思の表れだ』と述べました。 原・・・

内容が不明確な自筆の遺言書が出てきました。財産をもらえますか?

父が自筆で遺言書を作成していました。その中には、「長男○○に全財産を相続させる。但し、長女▲▲も可愛い子供に変わりはないので、いくらか分けてあげて下さい。」と書いてありました。 この場合、遺言書が使えるかどうかですが、実・・・

相続人の名前を正式な名前ではなく愛称で書いている遺言書は無効でしょうか?

法的要件を満たしていることを前提として、遺言内容が以下の場合はどうでしょうか。 「預貯金については全て普通預金になっています。まずは葬儀費用などに充ててもらって、少しでも余ればユキちゃん、カズちゃんで2分してください。」・・・

家庭裁判所で検認が通った遺言書は有効なのでしょうか?

検認とは、遺言書の保存を確実にして、後日の変造や隠匿を防ぐ一種の証拠保全手続です。 その遺言が遺言者の意思によるものか、法的要件を満たしいているか等の遺言内容の有効無効を判断するものではありません。 私が目にしたものでは・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ